どうしたらいいの!赤ら顔!

 

「どうしたの?鼻のあたりが赤いよ」
「頬が赤いけど、風邪ひいたの?熱でもある?」

 

相手は悪気があって言ったわけではないですが、ないですが、

 

(わかっているよ!余計なおせっかいだよ!)

 

とあなたは内心、イラッと来ているかもしれません。

 

解決策は、皮膚科に行くのがベストです。

 

ですが、その前に”赤ら顔対策の化粧水”をおすすめします。

 

「そんなもので、変化はあるの?」と思われるかもしれません。

 

個人差があるため、一概には言えませんが、返金保証付きの化粧水もあるため、購入のハードルはかなり低いといえます。

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

顔の赤ら顔Q&A

 

赤ら顔に疑問がある人

 

赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質?

 

ほっぺなどが赤くなる、赤ら顔に悩んでいる人は多いでしょう。顔が赤いと幼く見えたり、赤みが強いと結構目立つものです。

 

メイクで隠すのもなかなか難しいのです。赤ら顔の原因は様々ですが、寒い時期は気温差で特に赤くなる印象です。

 

緊張した時にでカァーッと赤くなる赤面症の人もいれば、お酒を飲んで赤くなる体質の人もいます。

 

これらはメンタル面を気を付けたり、お酒を控えたりの対処法で改善できます。元々皮膚が薄くて血管が透けやすい人もいるでしょう。

 

アトピー体質の人も赤くなりやすいです。生まれつきの体質などは、根本的に治すのは難しい場合があります。きちんと医師の指導を受けるのがおすすめです。

 

他に原因と言うと、肌のピーリングをやりすぎてしまっている事もあります。

 

肌は元々薄いものなので、美容のためのピーリングで肌を削ってしまっている恐れがあるのです。肌に刺激を与えることは大きな原因になります。

 

知らないうちに肌が薄くなってしまっている可能性があるので、気を付けながら行いましょう。

 

赤ら顔の原因は人によって違います。それぞれの原因に合った対処法を行うのが一番の方法です。自分は何が原因で赤ら顔なのか、見極めることが大切です。

 

顔の乾燥肌!考えられる原因

 

顔の乾燥肌で考えられる原因は、スキンケアです。

 

メイクをしたらクレンジングをしなければ顔に汚れが残ってしまいますが、クレンジング料は顔の潤いまで落とします。女性は毎日のようにメイクをする人が多いので、毎日潤いを失っていることになります。

 

メイクをしなくても洗顔を行うことで、肌から必要な皮脂や水分が奪われます。クレンジングや洗顔の後にきちんと保湿をすれば乾燥肌を防ぐことができますが、

 

スキンケア方法を間違えている人が多いです。化粧水の成分を浸透させようと、コットンなどで強くパッティングする人がいます。これが肌とコットンの間に摩擦を引き起こし、肌のバリア機能を弱めています。

 

弱った肌は通常よりも水分を蒸発させやすいです。日本はあまりオールインワン化粧品を使いません。化粧水と美容液、乳液、クリームとたくさんの工程を毎回こなしています。丁寧にスキンケアをしている感覚にはなりますが、顔に触れる回数が増えるため乾燥の原因となります。肌が敏感になっている時ほど、オールインワン化粧品でシンプルにケアしなければなりません。またオイリー肌だとさっぱりした化粧品を使いがちですが、インナードライを引き起こし乾燥が悪化します。

 

 

敏感肌になる原因を解説します!

 

敏感肌になると、ちょっとした外部からの刺激によって肌が荒れやすくなるため注意が必要です。敏感肌の原因としてはきちんとしたスキンケアができていない、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどです。
スキンケアをすることにより肌をきれいに保つことになりますが、化粧品が自分の肌に合っていない場合や洗顔で過度に洗いすぎてしまうこと、洗顔料などが肌に付着してしっかりと洗い落とせていないなどさまざまな原因が肌を荒れさせる原因につながります。そのため、自分の肌質をチェックしてきちんとしたスキンケアができるように化粧品を見直してみること、洗顔時に用いる洗顔料の洗浄力が自分の肌に合っているか、皮脂の落としすぎになっていないかなどチェックしておきましょう。
生活習慣や食生活によって肌の状態もかなりの影響を受けます。生活リズムを整え、適度な運動をする習慣を身に着ける、栄養バランスの取れた食事を心がけるなど身体の健康面を意識することで肌の状態を改善していくことが重要です。生活習慣や食生活が乱れることで、敏感肌になりやすい傾向があり肌が荒れる、肌の乾燥に悩むこともあります。
ストレスによってホルモンバランスが乱れやすくなり、これも肌に大きく影響してくるためできるだけ精神面のケアをしていくことも敏感肌対策となるでしょう。

 

 

オールインワンジェルのメリット&デメリットを解説します

 

毎日忙しい女性にピッタリなのが、たった一つでほとんどのスキンケアの役割を果たしてくれる「オールインワンジェル」です。
短時間でスキンケアができるということで、最近、愛用している女性が増えているのですが、実は、オールインワンジェルには、メリットとデメリットの両方があるのです。
メリットとしては、スキンケアの時間の短縮、スキンケアの費用の節約、肌に優しい低刺激の成分を含んでいることの三つです。
また、オールインワンジェルには、様々な美容成分が含まれていることが多く、ワンステップで美白やアンチエイジング、肌荒れ改善などにも効果が期待できます。
一方、デメリットとしては、肌への浸透力が足りないことです。

 

一般的なスキンケアでは、化粧水を塗布した後に油分の多い乳液を使用することで、化粧水の成分を肌に閉じ込めることができるのですが、オールインワンジェルの場合にはそれを一度に行ってしまうために、肌への浸透がうまくいかないことが多いようで、夜にしっかりと塗布したにもかかわらず、翌朝になるとお肌の乾燥を感じることがあります。
湿度の高い夏の季節は問題が少ないのですが、空気が乾燥しがちな冬の季節には肌トラブルを起こす原因となりかねません。

 

メリット、デメリットの双方を考慮しながら、オールインワンジェルの使用を試みるとよいでしょう。

 

 

化粧水の役割は?

 

化粧水の役割は、とにかく肌を潤すことにあります。お風呂から上がった瞬間から、肌から水分はどんどん逃げていきます。

 

そんな乾燥している肌に水分を取り込む役割が、化粧水にはあります。その為、高価な化粧水を少しだけ使用するのでは意味がありません。

 

たっぷりと肌が潤うまでの量を肌に使用することで、初めて効果を得られるのです。化粧品メーカーが推奨している量を守ることで、効果を実感することが出来ます。

 

安い化粧水でもたっぷりと使用することが出来るなら、効果は期待できるでしょう。化粧水をつけ終わった後に、水分で肌が少し冷たくなるくらい付けると、肌がしっかりと潤った合図となります。

 

その潤いを閉じ込める為に乳液やクリームを付けていきます。

 

化粧水の役割は、肌に水分を入れることです。肌に水分がぐんぐんと入っていく感じが解る化粧水を選ぶことで、肌をしっとりと美しく保つことが出来るのではないでしょうか。

 

試供品があるのなら、まず試しに使用してみて、肌に入っていく感じがよく解るものを選ぶようにしましょう。その役割をしっかりと担うことで、次のステップの乳液やクリーム、美容液に進むことが出来ます。

 

潤いのある美しい肌を保つことが出来るように、たっぷりと使用するようにしましょう。

 

 

乳液の役割は?

 

 

"スキンケアの基本は、化粧水、美容液、乳液になります。
中には、べたついたり、脂性肌だから乳液を使わないという人もいますが、それは大きな間違いです。

 

化粧水はほとんどが水分でできているのに対して、乳液は油分を含んでいます。これは化粧水や美容液とは役割が違うからです。

 

化粧水や美容液は、肌に水分を与えたり栄養を与えるなどの働きがあるのに対し、乳液はそれらの成分を逃がさないように蓋をするという役割があります。
もちろんうるおい成分も配合されているため、乳液自体にも肌にうるおいを与える効果があり、蓋とうるおいを与える二つの役割があるといえます。
どちらもスキンケアには必要な働きです。そのあとにクリームをプラスすることもできます。

 

乳液を使わないと、逆に肌の乾燥をひどくしてしまうケースもあるためきちんとつけることをオススメします。
べたつくからどうしても苦手だという場合には、さっぱりタイプのものを選ぶと良いとされています。
種類としては、保湿やUV、ティントの三つに分けることができます。

 

保湿は一般的なものですが、UVは紫外線カット機能がありメラニン合成を抑え、ティントは化粧下地としての働きがあるため、自分にあった種類を選ぶことも大切です。