どうしたらいいの!赤ら顔!

 

「どうしたの?鼻のあたりが赤いよ」
「頬が赤いけど、風邪ひいたの?熱でもある?」

 

相手は悪気があって言ったわけではないですが、ないですが、

 

(わかっているよ!余計なおせっかいだよ!)

 

とあなたは内心、イラッと来ているかもしれません。

 

解決策は、皮膚科に行くのがベストです。

 

ですが、その前に”赤ら顔対策の化粧水”をおすすめします。

 

「そんなもので、変化はあるの?」と思われるかもしれません。

 

個人差があるため、一概には言えませんが、返金保証付きの化粧水もあるため、購入のハードルはかなり低いといえます。

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

顔の赤ら顔Q&A

 

赤ら顔に疑問がある人

 

赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質?

 

ほっぺなどが赤くなる、赤ら顔に悩んでいる人は多いでしょう。顔が赤いと幼く見えたり、赤みが強いと結構目立つものです。

 

メイクで隠すのもなかなか難しいのです。赤ら顔の原因は様々ですが、寒い時期は気温差で特に赤くなる印象です。

 

緊張した時にでカァーッと赤くなる赤面症の人もいれば、お酒を飲んで赤くなる体質の人もいます。

 

これらはメンタル面を気を付けたり、お酒を控えたりの対処法で改善できます。元々皮膚が薄くて血管が透けやすい人もいるでしょう。

 

アトピー体質の人も赤くなりやすいです。生まれつきの体質などは、根本的に治すのは難しい場合があります。きちんと医師の指導を受けるのがおすすめです。

 

他に原因と言うと、肌のピーリングをやりすぎてしまっている事もあります。

 

肌は元々薄いものなので、美容のためのピーリングで肌を削ってしまっている恐れがあるのです。肌に刺激を与えることは大きな原因になります。

 

知らないうちに肌が薄くなってしまっている可能性があるので、気を付けながら行いましょう。

 

赤ら顔の原因は人によって違います。それぞれの原因に合った対処法を行うのが一番の方法です。自分は何が原因で赤ら顔なのか、見極めることが大切です。

 

顔の乾燥肌!考えられる原因

 

顔の乾燥肌で考えられる原因は、スキンケアです。

 

メイクをしたらクレンジングをしなければ顔に汚れが残ってしまいますが、クレンジング料は顔の潤いまで落とします。女性は毎日のようにメイクをする人が多いので、毎日潤いを失っていることになります。

 

メイクをしなくても洗顔を行うことで、肌から必要な皮脂や水分が奪われます。クレンジングや洗顔の後にきちんと保湿をすれば乾燥肌を防ぐことができますが、

 

スキンケア方法を間違えている人が多いです。化粧水の成分を浸透させようと、コットンなどで強くパッティングする人がいます。これが肌とコットンの間に摩擦を引き起こし、肌のバリア機能を弱めています。

 

弱った肌は通常よりも水分を蒸発させやすいです。日本はあまりオールインワン化粧品を使いません。化粧水と美容液、乳液、クリームとたくさんの工程を毎回こなしています。丁寧にスキンケアをしている感覚にはなりますが、顔に触れる回数が増えるため乾燥の原因となります。肌が敏感になっている時ほど、オールインワン化粧品でシンプルにケアしなければなりません。またオイリー肌だとさっぱりした化粧品を使いがちですが、インナードライを引き起こし乾燥が悪化します。